ヒント

受動喫煙とは何か

禁煙は自分だけでなく、周りの人にも有益です!受動喫煙について詳しく知りたい方は続きを読んでいきましょう。

Civilians wandering around the city

2019/07/10

禁煙は自分だけでなく、周りの人にも有益です!受動喫煙について詳しく知りたい方は続きを読んでいきましょう。

受動喫煙の定義

世界保健機関(WHO)は、受動喫煙を「レストランやオフィスなどの密閉された空間で、タバコ、ビディ、水タバコなどのタバコ製品の煙にさらされること」と定義しています。

確かに、タバコの煙は非常に危険な汚染源です。なぜなら、有毒な製品が含まれているだけでなく、自分たちが屋外の大気汚染にさらされる時間よりも、タバコの煙にさらされている時間の方がはるかに長いからです。

副流煙とは何か?

副流煙は、タバコ製品の燃焼による煙と喫煙者が吐いた煙で構成されています。

覚えた方がいいことは、火のついたタバコの煙のほとんどは、喫煙者が吸い込んでいないことです。実際には、空気中に残っていて、周辺のすべての人に影響を与えています。

副流煙は、低温でのタバコの不完全燃焼の結果として発生します。

この煙は低温で発生するため、副流煙に含まれている化学物質が原煙より高いものがいくつかあります。

禁煙は周りの人たちにも有益です!

以上のような受動喫煙の危険性を考えると、喫煙者がやめたときに周りの人に有益があることは容易に理解できます。確かに、一番有益になるのは家族、配偶者、子供などの親族、二番は友人や職場の同僚などの親しい人たちです。受動喫煙の弊害を考慮することで、禁煙のメリットをより深く理解することができます。

副流煙にさらされなければ、子供たちは健康問題を発症する可能性が非常に低くなります。子供の免疫力はまだ弱いし、タバコを吸わない環境で育つことで、風邪、気管支炎、耳感染症などの病気から守られます。

禁煙した人と同居している成人は、心臓病や肺疾患を発症するリスクが低くなります。

従って、禁煙は自分にとっても周りの人にとっても良い決断にしかならないのです!心配せずに、禁煙してみて、そして何よりも、禁煙することで守っている人たちにサポートを遠慮なく求めてもいいです。彼らはそばにいてくれて、きっと感謝の気持ちを伝えてくれるでしょう。そして進歩を見て、頑張るのを助けてくれる子供たちは、禁煙という試練の中で励ましてくれる最高の味方でしょう!💪