2020年12月30日

体験談

Kwitterの声—Damiënの体験談

元喫煙者の体験談は、やめたいけどやめられない人に励ましとサポートを提供してくれます。未来のKwittersには、彼らも禁煙できるということを知っておくことが重要です。

本記事では、Damiënさんが自分の体験、そしてどのようにKwitのアプリが禁煙に伴うかについて説明してくれます。

「「吸ってみない?」と聞かれて、僕はまだ子供だったので…もちろん吸ってみました。」

若いのがわかっていますが、初めてのタバコは、11歳の頃です。あの時、喫煙している12〜13歳の友達がいました。一緒にあの母親の喫茶店の前立てて、彼女は一服しました。「吸ってみない?」と聞かれて、僕はまだ子供だったので…もちろん吸ってみました。一回だけでした。その後、13歳になった時に、喫煙を始めました。

「やめようと決意したきっかけは、彼氏です」

22歳の時にタバコをやめようと決意したきっかけは、彼氏です。彼は喘息持ちで、僕の吸ったタバコが悪化するだけです。大一箱相当して1日32本ぐらい吸っていました。そしてある夜、いつものようにタバコを吸っているうちに、タバコの味が嫌になりました。

「感じやすくなったし、細かいことにすぐに腹が立っていました」

禁煙してから、みんな気づいたことは、僕が感じやすくなったし、細かいことにすぐに腹が立っていたことです。今は落ち着いたが、その気分転換にまだ抵抗し続けています。

「最初に一服してしまってから、嫌になったことを気づきました」

9ヶ月の間、再発して、1箱を買って一服したことがあるのは1回だけです。最初に一服してしまってから、嫌になったことを気づきました。

それ以降、欲求を満たしたかったのは、食べ物に関する欲求だけでした。もちろんタバコ衝動がまだありますが、必要どころか、むしろ退屈のせいです。今、たまにタバコを吸いたいですが、禁煙を始めた頃のほどではなくなりました。

Kwitとの経験

Kwitを発見したのは、Instagramのアッドのおかげです。僕がタバコをやめたいことを知っていた彼氏もそのアッドを見て、送ってくれました。迷うところがなかったのです。彼のためにも僕のためにも、本気でやめたかったからやめました。

正直に、アプリに好きなところは全部です。いくら節約できたか、禁煙してから何日経ったかが見えるのがとてもいい感じです。日が経てば経つほど、気分が良くなってくるのです!

Kwittersと未来のKwittersへのアドバイス

僕ができれば、皆たちもできるはずです。一服するたびに、ストレスを感じたほど、タバコにヤバくはまっていたのです。タバコを提案される人に断れるようになる時から、かなり楽になるのは絶対です。

もし体験談を共有したければ、ぜひsocial@kwit.appまでご連絡ください。

応援を求めたら、どうぞKwittersのグループに参加してください!

ニュース

日々のモチベーションを上げるKwit新機能のデイリーチェックインについて

詳しくはこちら

体験談

Kwitterの声—Damiënの体験談

詳しくはこちら

ヒント

体重が増えずにタバコをやめるために食生活を変える方法

詳しくはこちら

ヒント

ハローウィンは現実になるとき:悪夢と禁煙

詳しくはこちら