2019年5月14日

ヒント

禁煙中のストレス、どう対処する?

タバコを吸うことでリラックスする、と感じるため、大抵の喫煙者にとって禁煙はストレスの原因になります。禁煙の際は代わりの手段を探してストレスに対処しなければなりません。Kwitがその問題を解決します。

禁煙、要するにタバコ依存からの脱出は、そう簡単ではありません。ニコチン不足の症状などの困難を乗り越えることなくして、肉体的・精神的に依存した状態から新たなステップへと進むのは不可能だからです。そのため、禁煙をしだすと、後述の様々なストレスのサインが現れてきます。では、再喫煙の心配なしに、どのようにストレスに対処すれば良いのでしょうか?この記事では、禁煙中のストレス管理方法のいくつかのヒントをご紹介します。

ストレスと禁煙

タバコをやめるということは、すなわち喫煙者が「依存」しているニコチンの摂取もやめるということです。これには必ず副作用が伴い、禁煙を苦しいものにする原因になります。

禁煙中の禁断症状は、身体的にも心理的にもかなり現れてきます。不安感、焦燥感、うつ睡眠障害などは、精神的に禁断症状が管理ができない人が被るストレスのサインです。

このようになるのは、実に多くの喫煙者に「タバコを一服」することでストレスに対処する、という習慣があるためです。しかし禁煙中は、もはやこの習慣は気分を落ち着かせるための手段ではないのです。このストレスの状態は変動的で、一番辛いのは初めの4週間です。その後、その重圧感は下がり始めます。ですから、再喫煙という失敗を冒さないよう、ストレスを管理する方法を知ることが重要です。

再喫煙予防のためのストレス管理

禁煙を始める前に、あなたにとって都合の良い、大きなストレスの原因にならないような開始時期を、よく考えてから決めましょう。

禁煙を始めたら、ストレスに上手く対処するためにも、他の様々な方法と組み合わせながら進めていくのが良いでしょう。

  • タバコのお供であるコーヒー、お茶、炭酸飲料、アルコール、高カロリー食品などの刺激物を避けましょう。これらは神経系を攻撃し、不安感を増大させます。

  • 身体をほぐし、リラックスさせる身体活動をするのもいいでしょう。これらの活動は、うつに対して効果を発揮するエンドルフィンを分泌します。

  • ヨガなどのリラクゼーションを実践しましょう。もっとシンプルに、喧騒から離れ、静かな場所で自分のための時間を過ごすのもいいでしょう。

  • 良い人間関係を保って下さい。友人たちと一緒に過ごしましょう!

  • 今、この時こそ、自分にご褒美をあげましょう!良い気晴らしになるような時間を作ってください。

  • 認知行動療法は、再喫煙を防止するための効果的な方法です。依存、中毒症の分野では、この療法は効果が証明されており、Kwitのアプリケーションは、この科学的に検証されたメソッドに基づいて作成されています。

個々の秘訣、補佐となるメソッド、あなたの周りの大切な人々のサポートと共に、ストレスをより上手に管理し、禁煙の失敗を防ぎましょう。

ニュース

日々のモチベーションを上げるKwit新機能のデイリーチェックインについて

詳しくはこちら

体験談

Kwitterの声—Damiënの体験談

詳しくはこちら

ヒント

体重が増えずにタバコをやめるために食生活を変える方法

詳しくはこちら

ヒント

ハローウィンは現実になるとき:悪夢と禁煙

詳しくはこちら