2019年5月6日

ヒント

禁煙を阻む5つの偏見

自分自身にこの理由を言い続けているせいで、禁煙を決意することができない場合は、禁煙を阻む5つの偏見を明らかにし、研究してみましょう。さあ、この偏見は本当ですか?違うですか?

man standing in front of the horizon

私たちは、情報へのアクセスがすごく楽になってきた社会に生きています。特にインターネットがあらゆる分野の情報を提供してくれます。しかし、インターネット上の「偽ニュース」のように、しばしば未検証の情報で構成された偏見が多いので、間違えないように気をつけなくてはいけません。この偏見のせいで、間違いをしたり、悪い決意をしたりしてしまいます。というわけで、禁煙を間違って阻む5つの紋切り型の考えを明らかにしました。

「この年になってからでは遅すぎる」

ある程度の年齢になってから、10、20、30年間以上吸っていると、一見理屈っぽく「禁煙するには遅すぎる」と思ってしまうことがあります。「自分の肺はめちゃくちゃだ」とか自分の健康に何が起こるか悲観的に思っている喫煙者が多いからです。しかし、この考えは間違っています。何歳になっても、何本吸っても、遅すぎることはありません。禁煙してわずか1年後で、心臓発作のリスクは半減し、脳卒中のリスクは非喫煙者と同じになります。また、肺がんのリスクが50%近く減ります。だから、遅すぎることはありません!

「少しだけ吸っているなら、安全でしょう」

一日2・3本吸っているとはリスクがないとある人が間違って思っています。しかし、達しないと喫煙が無害であるという水準は存在しません。実際、1日数本のタバコを長年吸い続けていると、がんや心血管疾患などの健康リスクがあります。

「とにかく、吸わなくても公害でがんになってしまうので…」

確かに大気汚染とがんとの関連性は本当です。これは、国際がん研究機構(IARCが2013年に実施した医学的研究によって実証されています。結論としては、大気汚染は人間に発がん性があります。それにしても、肺がんの一番主要な危険因子はタバコであることも強調しています。結論から言うと、特に大気汚染の少ない地域に住んでいれば、公害によるがんから逃れる可能性は十分にあるのに対し、禁煙しないとリスクを倍加してしまうということです。

「まだ若いうちに、リスクがないでしょう」

早々とタバコを吸い始める若者が多くなってきました。確かに喫煙の危険性について意識していますが、被害に遭うまでの時間は十分にあると間違って思っています。そのため、「タバコ中毒」になってしまうと、さらにタバコを楽しんで依存になってしまっているため、やめようという気がなくなってしまうのです。そうだと思っているなら、年齢を考えると長年のタバコ使用による病気の発症確率に大きく影響することを知っていましたか。なので、時間があると思ってやめようとする気持ちを阻む偏見を忘れて、今すぐ禁煙しましょう!

woman outside walking around in an open denim jacket

「禁煙したので、再び喫煙しても安全でしょう」

数年前から禁煙できて、タバコ依存症から解放されたと思っている人もいます。なので、そうだと思っていて、ある機会の時に友人が悪気もなくタバコを差し出してくれるなら、ご注意ください!「パーティーだし、一服しても大丈夫!」と思ってしまったら気をつけましょう。 実際には手を引いたと思ったら、それは間違いなので、この人の申し出に屈しないようにしましょう。それは、再喫煙のリスクです。その1本でタバコの習慣に戻り、以前のように吸いたくなることになります。Kwitのブログでは、 タバコのないパーティーができるためのヒントをぜひご覧ください。再び非喫煙者になるためにあれだけの努力をしてきたのに、このタバコを受け入れる誘惑に屈する場合ではないでしょう!

game pieces of different colours on a blue background

関連記事はこちら

禁煙に関する7つの神話

タバコと禁煙に持たれている7つの固定観念を、一緒に見て行きましょう。果たしてそれらは全て正しいのでしょうか?

New feature on iOS

ニュース

日々のモチベーションを上げるKwit新機能のデイリーチェックインについて

詳しくはこちら
Someone who has quit smoking

体験談

Kwitterの声—Damiënの体験談

詳しくはこちら
Salad with avocado and eggs

ヒント

体重が増えずにタバコをやめるために食生活を変える方法

詳しくはこちら
Dark trees in the fog

ヒント

ハローウィンは現実になるとき:悪夢と禁煙

詳しくはこちら