ヒント

タバコがエコロジーに及ぼす影響について

いつも考えていませんが、タバコは悪影響を及ぼすのは、喫煙者やその周りの人の健康だけではありません。残念ながら、環境もタバコに被害を受けられます。

the blue sky seen through tall trees

2019/01/02

重要な数字

科学者は、喫煙、特にタバコの製造が地球温暖化に寄与し、様々なエコロジー系を危険にさらしていると考えています。確かに、タバコを栽培する際には、葉を乾燥させる必要があります。この技術は、多くの場合木を伐採して、あるいはガスを使用して、葉を加熱するために必要なエネルギーを生産することが必要です。いずれの方法も、大気中の二酸化炭素量を増加させ、地球温暖化に寄与します。しかし、影響を受けるのはタバコの栽培だけではありません。最終的な製品にたどり着くためには、タバコに含まれる化学物質、箱の製造、そして廃棄物として処理しなければならない吸殻もあります。

タバコが環境に及ぼす影響を意識するためには、以下にはある数字をご紹介します:

  • まず、前述したように、タバコの製造では、収穫したタバコを乾燥させるために木材が必要となりますが、タバコの紙やフィルターを作るためにも木材が必要となります。このように、1994年にタバコ経済学の専門家であるピーター・テイラーは、数年間前から年間6000万本近くの木を伐採したり焼却したりする必要があると見積もっていました。これに、マッチの製造に必要な森林伐採、つまり約1,000万本の木の伐採を加えなければなりません。つまり、タバコ産業だけのために7000万本の木が伐採されたことを表しています。
  • また、タバコの栽培には大量の化学薬品(肥料、農薬など)が必要です。さらに、これらは市場に出回っている最も毒性の強い化学物質です。野生生物だけでなく、人間や環境にも危険です。タバコの煙を分析すると170種類以上の有害物質が出てきますが、その中には放射性物質も含まれています!科学者はまた、タバコを吸うよりも原子力発電所 の近くでいた方が、50倍安全だと試算しています。本当にタバコはそれほど危険なのです!
  • その上に、毎年800トンの吸殻が野放しになっていることを覚えなくてはいけません!汚染するだけでなく(劣化するまでに5年近くかかります)、窒息死や毒殺など、摂取することで死に至る動物を危険にさらします。

解決策

吸殻を回収して処分するコストを負担しないようにするために、実業家はいくつかの解決策を提案しました。まず、フィルターに存在するセルロースアセテートを生分解性化合物に置き換えようとしました。しかし、今のところ、これはうまくいっていません。第二に、喫煙者がこれ以上言い訳をしないように、都市部でも灰皿が使えるようにしようということでした。しかし、近くに灰皿があっても、吸殻を地面に投げつけるのは反射的です。キャンペーンも実施されていましたが、実際には何の成果もありません。

それなら、吸殻の影響を減らすための具体的な解決策はあるのでしょうか?

吸殻のゴミ管理にかかる金銭的コストだけでなく、環境への影響を軽減したいと考えている都市では、すでにある解決策が実施されています。例えば、いくつかの都市では、公道で吸殻を投げて捕まった喫煙者への罰金を導入しています。これが本当に効果があるのかどうかについての調査がまだ存在していませんが、回収された罰金は廃棄物処理のコストの一部を相殺しています。サンフランシスコ市はゴミ税を創設し、ゴミ処理にかかる費用を出資するために、販売されている1箱につき最大20セントのゴミ税を課しています。オーストラリアでは、啓発キャンペーンが実施され、具体的な結果が得られています。

タバコの箱の上のメッセージ、タバコフィルターを禁止すること、または廃棄物処理のコストを直接に実業家に請求するように、他の解決策の多くを想定ことができます。

we see the sky through the leaves of the trees