ヒント

いびきをもうかかないためには禁煙?

知っていましたか?喫煙者のいびきのせいで配偶者がよく眠れないならタバコとの関係があることが不可能ではありません。説明しましょう。

man sleeping on a chair with a book on his head

2019/01/22

いびきとその病気の簡単な生理

いびきとは、睡眠中に発生する異音のことです。直接の原因は呼吸の問題です。睡眠時無呼吸、すなわち呼吸停止を伴う場合と伴わない場合があり、深刻な障害となります。しかし、乱れた睡眠を加えて、デトロイトのヘンリー・フォード病院の最近の研究では、いびきをかくことが心血管疾患のリスクを高める可能性があることが指示されています。このように、いびきは多くの人にとって本当の健康問題です。さらに、いびきは周りの人にも影響を及ぼしますので、無視できない、また考慮しなければならないことです。

リスクのある方

いびきのリスクが高い人が多いです。特に50歳以上の男女、肥満体の人、生理的異常や耳鼻科疾患のある人、睡眠薬を使用している人、アルコールやタバコの常習者などが含まれています。

確かに、タバコの煙のせいで気道は炎症を起こして、腫れて、狭くなる傾向があります。このままではいびきを悪化させるだけです。喫煙者は非喫煙者の2倍のいびきをかくことが研究で確認されており、いびきに対する喫煙の影響が実証されています。

black and white photo of a man sleeping

いびきをかいているなら禁煙したらどう?

ここまで、いびきに関する病気とリスクのある人を説明しました。もしいびきをかいているなら、原因を診断して一つ一つ治療していきませんか。例えば、喫煙しながら睡眠薬を使用しているなら、両方をやめたほうがいいです。睡眠薬の代わりにソフロロジーやホメオパシーなどの代替薬を使い、禁煙を開始してみませんか。

確かに、問題となるのは、自分の健康と周りの人との関係性です。夜を共にする人にいびきの迷惑をかけるのは考えてみましょう。長い目で見れば、このような状況は配偶者との関係に緊張感を生むことになることがあります。そして、遠距離ハイキングのシェルターのような集団宿泊施設で寝て、翌日も長い日なのに、他の入居者が眠れない時も同じです。だから、他の人にも迷惑をかけないように、タバコを吸ったり、いびきをかいたりするのをやめることが大切です。

特に多く吸っている喫煙者にとって、禁煙が難しいからこそ、主治医に助けてもらえます。 必要に応じて、話を聞いてくれたり、禁煙に伴ってくれたりする禁煙協会の方にも助けてもらえます。いびきを止めるということは、まずタバコを止めるということでしょう!

Related article

Right arrow

睡眠障害と禁煙の関係について

睡眠障害がありますが、原因がわかりませんか?実は、禁煙の一つのステップなのですが、長くないので安心しましょう!Kwitは本記事で説明します。