ヒント

禁煙で再発見:五感と人生の味

喫煙は体に悪いことはよく知られていますが、嗅覚、味覚、視覚、聴覚にまで害を及ぼしてしまうことがあまり知られていでしょうん!幸いなことに、禁煙のおかげで、この感覚を早く取り戻すことができますので、やり方をご説明します。

a woman holding binoculars in front of her eyes

2019/04/16

感覚は、住む世界を知覚させてくれます。目、耳、舌、鼻、皮膚などを痛して情報を継続的に分析しているのです。しかし、深刻に、時には取り返しのつかないほどに変化することがあります。原因は遺伝的なもの、偶発的なものであり、そして病気、加齢、喫煙も原因となります。幸いなことに、禁煙することで、感覚の質をかなり早く取り戻すことができることが多いです。だからこそタバコをやめるためにいい理由でしょう。解読しましょう。

嗅覚・味覚とタバコ

タバコの煙は炎症を誘発します。その結果、味覚と嗅覚の受容器の炎症が起こります。また、喫煙はこの慢性的な炎症を維持しています。幸いなことに、これらの感覚の変化は一時的なもので、禁煙すると数日で止めます。

タバコと嗅覚の関係について、健康診断医が考察した記事が発表されました。

積極的にも受動的にも、喫煙は嗅細胞を破壊することによって、嗅覚のすべての特性を低下させ、その結果、匂いの認識に障害を引き起こすことを強調しています。

もちろん、この嗅覚の悪化はタバコの消費量に比例します。この悪化も禁煙すると早く消えます。

聴覚とタバコ

『Sciences et Vie』(『シアンス・エ・ヴィ』、文字通り:科学と生命)というフランスの雑誌に掲載された論文によると、「喫煙は、主に高周波音(高音)の難聴のリスクを高める。」と明らかになります。

これは、2018年3月14日に『Nicotine & Tobacco Research』(オックスフォード大学出版局)という雑誌に発表された日本の研究の結論が明確にしましたが、禁煙すると聴力が回復するという良い知らせも明確しました。この研究では、5万195人の20~64歳の雇用者を対象に、数年間(最長8年間)に渡って聴力検査が行われました。

このように、この研究は喫煙率と難聴との相関関係を示しています。つまり、喫煙者にはリスクが1.2倍から1.6倍に上昇します。また、喫煙に伴う難聴のリスクは、禁煙してから5年以内で減少するようだと付け加えています。

視覚とタバコ

NCBIのウェブサイトに掲載された論文には、喫煙と視力に関する研究が掲載されています。約10年前に1万2500人を対象に実施されました。この研究では、タバコを吸えば吸うほど視力が低下することがわかりました。さらに、「この関係は多くの視力障害に当てはまり、特に加齢黄斑変性症が喫煙者には3~4倍になるとしている。逆に、禁煙は通常に近いリスクの通常に戻ることに寄与することも示されている」と発表されています。

また、片方の目に加齢黄斑変性症がある人が喫煙を続けると、もう片方の目で加齢黄斑変性症を発症するリスクが高くなることも指摘されています。

最後に、喫煙は、加齢黄斑変性症のレーザー治療と視力の問題のための他の新しい技術の成功の可能性を減らします。

まとめ

味覚、嗅覚、聴覚、視覚、つまり五感を十分に使って人生を味う能力を完全に取り戻すためには、禁煙はお勧めです。

そのためには、大切な人に囲われてKwitをダウンロードしましょう!各達成のロックを解除すると、健康状態、気分、そして時間をかけて取り戻す感覚の情報をもらいます。では、今から人生を楽しんでいきましょうか!😁

a woman who looks through images.