ヒント

大切な人の禁煙を応援する方法

大切な人はタバコをやめようと決めましたか?それは素晴らしいです!その挑戦に、どのようにしてこの人を応援することができますか?Kwitは、最高のサポートの役割を確保する方法をご紹介します。

man holding a child's hand

2019/06/11

決まりました!大切な人が非喫煙者になることを決意しました。子供であろうと、配偶者であろうと、友人であろうと、親であろうと、それは素晴らしい、その人を誇りに思っていいでしょう。ですが、禁煙でどうやって応援すればいいのか悩んでしまうかもしれません。禁煙は誰でもできるチャレンジですが、大切な人のサポートがあるの方が楽でしょう!

大切な人はヒーローだから、その人を励ましましょう!

再び非喫煙者になるために、この人はニコチンの欠如や禁煙によって生成された疲労との関係があるイライラの一時的な段階を通過することがあります。ここでは、自分の役割が大事です。

大切な人のこととその努力をよく知っているので、そばにいましょう!その立場になってみて、大切な人の一時的なものに過ぎない気分転換に落胆しないようにしましょう。数週間後には、これらの困難な瞬間が消えるだけでなく、大切な人は非喫煙者で健康な状態になります。それはとても貴重です。

具体的にどうやって応援するの?

こちらは、きちんと応援するようにコツをご紹介します

  • 映画館やプールに行くなど、大切な人を忙しくさせたり、楽しませたりするための活動を提供しましょう。
  • 取り戻した味を意識するように、レストランに連れて行きましょう。😋
  • 大切な人が潜在的なタバコ衝動を取り除くためにガム、ストレスボール、または使用できる他のアイテムをあげましょう。
  • 灰皿やライターなど、タバコを連想させるものは家の中から取り除くように気をつけましょう。
  • 階段の昇降、自転車通勤、寝る前にスクワットを3回するなどのチャレンジを与えて、日常生活の中で身体活動を促進するように支援しましょう。
  • 禁煙の体重増加が気になる場合は、健康的でバランスの取れた食事を作ってあげましょう。
  • 小さな成功のたびに褒め言葉でこの人を励まし、どれだけ誇りに思っているかを伝えあげましょう。
  • 禁煙プロセスに段階を達成するイベントを計画しましょう:レストランへの外出でも、Kwitterとして節約できたお金によっての週末旅行でも、何でもいいです。💸
father holding his baby's hand

一番大事なのは:思いやりと励まし

大切な人のための具体的な思いやりを超えて、将来の気分転換に対しても、思いやりと励ましのある態度を採用してみましょう。大切な人の気分転換は自分への恨みでもなんでもありませんし、必要としている思いやりのある寛容なサポートであり続けることができれば、その気分転換が自然に消えていくはずです。

また、再喫煙は禁煙の本格的な段階であることを知っておくことが重要です。Kwitterにとってはタバコ衝動があるのは当たり前であり、時には我慢できなくなることもあります。この場合、何としてでも大切な人を非難しないようにしましょう。罪悪感を感じても何の役にも立たないし、必要なのはその逆、つまり自信を回復させてくれる人です。これは失敗ではなく、禁煙の過程の一部であることを説明しましょう。また、この人と協力して再喫煙の原因を理解し、目標達成に向けて励まし続けるようにしましょう。

これから応援の必要としている大切な人と一緒に禁煙に直面するために準備しています。この目標を達成するために大切な人を応援することで、この人が依存症から決定的に解放されたことに気付いたとき、感謝になるでしょう!禁煙は簡単なことではありません。自分でできる人もいますが、ほとんどの場合は、かけがえのないサポートを必要としています。それはあなたです。

Related article

Right arrow

配偶者を説得して禁煙させる方法

「決まった、タバコをやめる!」それが素晴らしいことですが、喫煙を続きたい配偶者がついていかないと意味がないでしょう。乗り越えられないと思っていますか?安心しましょう。Kwitはカップルで一緒に完全に禁煙するようにアドバイスをご紹介します。