ヒント

禁煙について7つの先入観

喫煙と禁煙に対する7つの先入観をご紹介します。この全ての7つは本当かどうか確認しましょう。

bright frame on a chair

2019/04/23

人生では、私たちはあまりにも多くの場合、偏見、すなわちわざと確認しない先入観によって行動しています。そのほうが楽だし、自分たちはそのままでいいでしょう。しかし、このような偏見が真実だと思っていることは、しばしば間違った考えであり、私たちを過ちへ導いているのです。禁煙も例外ではなく、このような態度を取ることで、禁煙とその症状に対する先入観が多いです。この心理的・肉体的依存から脱却できない障害となるので、そろそろ偏見の正体を明らかにする時期に来たのです。偏見を7つ確認しておきました。

禁煙が太らせる:違う

確かにニコチンはエネルギー消費量を増やし、食欲を減退させます。このように、喫煙者の体は非喫煙者よりも比較的多くのカロリーを消費します。

そのため、同じ食生活や生活習慣を維持していても、禁煙後に体重が増える人もいます。しかし、体重増加は避けないことではありません。人々それぞれです。実際に、タバコを吸うことで一時的に落ち着く不安は、もっと食べたいという欲求によって補われることがあります。だからこそ、禁煙はバランスのとれた食事、水分を十分に飲むこと、徐々に運動を再開すること、他の方法で補うことと組み合わせるのが望ましいとされています。このように、タバコをやめると体重が増えるのは避けないことではありません。

禁煙しするには遅すぎる:違う

実は禁煙してから1年後には心臓発作を起こすリスクが半減し、脳卒中を起こすリスクは非喫煙者に匹敵します。

さらに、タバコを吸わなくなって数年経つと、肺がんのリスクはほぼ半減し、10年程度で非喫煙者と同じような寿命になります。なので、禁煙して健康を取り戻し、普通の寿命を取り戻すには遅すぎないのです。厚生労働省のまとめによると、2019年に日本人の平均寿命は女性87.45歳、男性81.41歳です。ですから、禁煙してからでも遅くないのです。闘うべき偏見がまた一つ増えたでしょう。

スポーツのおかげでリスクを減らす:違う

スポーツをするとリスクが減ると勘違いしている人がいます。それどころか、運動に必要な努力は呼吸能力や心拍数を必要としますが、喫煙によって呼吸能力も心拍数も減少します。だから喫煙はスポーツのパフォーマンスを制限するだけでなく、回復の可能性を低下させます。また、心臓発作などの心血管事故のリスクをかなり高めます。したがって、身体活動が喫煙によって生じるリスクを減少させたり、補償したりすると思っているのは間違いです。

手巻きタバコの方が有害ではない:違う

手巻きタバコを吸っている喫煙者は、市販のタバコは化学添加物だらけであるのに対し、手巻きタバコはそうではないと思っています。手巻きタバコは天然、無添加のタバコだと言われています。 また、これらの喫煙者は、追加の化学物質はタバコの害に責任があると指摘しています。だが、違います。 これは、WD&HO Willsによる1991年のニュージーランドの調査が報告された。この研究では、工業用タバコには化学添加物率が0.2%、手巻きタバコには22.5%であることが明らかになっています。実際、これらの物質は、喫煙者によって芳香をつけるため、そして多くの操作を受けるタバコの乾燥を防ぐために使用されています。また、タバコの燃焼度が高くなるため、毒性がより強くなります。吸い込みが深い場合も同じです。

ライトタバコの方が有害ではない:違う

ライトタバコは、より多くの空気を通すことによって煙を希釈することになっているマイクロパーフォレーションで構成されたフィルターを持っています。しかし、喫煙者がフィルターを扱うとそのパーフォレーションが詰まってしまいます。さらに、これらのタバコには、普通のタバコと同じくらいのニコチンが含まれています。最後に、喫煙者は煙を肺の中に長くとどめておきます。また、ニコチンを摂取するために、より多くのタバコを吸う傾向があります。実際には、害はライトではないタバコと同じです。

そのため、いくつかの国では、「ライト」の指定が禁止されました。なのに、この種のタバコでは害が少ないという偏見を持ち続けてきた消費者には効果がなさそうです。

chair with light box on top of it

電子タバコが同じレベルで危険だ:違う!

現在では、科学的な知識では、電子タバコの危険性を形式的に確立することはできません。 2016年2月のフランスの高等衛生審議会の意見書では、電子タバコは禁煙のためのツールとして考えられるとしています。確かに、このタイプのタバコによって放出される煙は、一酸化炭素や発がん性があるタールが含まれていません。電子タバコを使用して喫煙者が大幅にガンのようにタバコに起因する病気を開発する彼のリスクを低減する理由です。

肺がんの原因は大気汚染だけだ:違う

大気汚染は間違いなく大きな健康リスクです。 国際がん研究機関(IARC)の専門家は、大気汚染とがんリスクの関連性を強調しています。彼らは2013年10月、大気汚染は人間にとって発がん性があると結論づけました。と言っても、依然としてタバコは一番肺がんの危険因子です。そのため、空気が汚染された都市や地域での喫煙は、喫煙者の間でがんや重篤な呼吸器疾患のリスクを高めます。だから肺がんの原因は大気汚染だけではありません。

結論から言うと、禁煙についての先入観に騙されないようにしましょう。必要に応じて、専門の組織に連絡し、詳細を確認しましょう。Kwitのウェブサイトのヒントを参照して、アプリで自助努力をしてもいいです。

Related article

Right arrow

禁煙を阻む5つの偏見

自分自身にこの理由を言い続けているせいで、禁煙を決意することができない場合は、禁煙を阻む5つの偏見を明らかにし、研究してみましょう。さあ、この偏見は本当ですか?違うですか?