体験談

Kwitterの声 — 意志の強い人の体験談

禁煙を決意したものの、始めようと思ってもちょっとした手助けが必要な人には、元喫煙者の体験談は優れた参考になります。

women turned away

2020/06/26

体験談について話すことに同意した今回のKwitterは匿名を希望し、CSCというイニシャルで呼ばれることにしました。本記事では、CSCは成功と困難な瞬間を打ち明け、共有しています。

「同僚の一人が喫煙者で、初めてのタバコを渡してくれたのは彼女です」

初めてのタバコを吸ったのは19歳の頃です。あの時、初めての本当の大人としてのトラウマを経験したばかりで、在学中にアルバイトをしていました。取り巻き連中として同僚がいました。一緒に仕事をするのが本当に楽しくて、私が若い女性になりつつある時期でした。同僚の一人が喫煙者で、初めてのタバコを渡してくれたのは彼女です。タバコに含まれるニコチンに体が慣れるのに時間がかかり、最初は腹痛や吐き気さえあることが多かったのを覚えています。しかし、しばらくすると彼女と私は「タバコ休憩仲間」になり、37歳まで吸い続けていました。

「なりたい自分になるために急激な禁煙」

2018年12月26日には、37歳で禁煙しました。あの時、毎日5〜6本吸っていました。

家族と電話をしていて、会話に感動しました。電話を切った時、私の中に何かが、他人が私のことを真剣に受け止めてくれるためには、まず自分自身を真剣に受け止めなければならないと気づかせてくれました。自分はどんな人なのか、どんな人になりたいのか、自分に正直になる必要がありました。喫煙者であることは、この理想的な私のビジョンには合いませんでした。正直で、準備しなかったし、かなり急激でした。

「乗り越えた最大の困難は、生きていくためにタバコがいらないことです」

タバコを吸わない最初の数日間は大変でしたが、なんとかなりました。時間が経つにつれて、日の途中での咳と夜間の極端な咳、粘液の排出、被刺激性、わっと泣き出すことにつながる強烈な過敏性、不眠症、気性の悪化と興奮という禁断症状が強まりました。禁断症状が出るのは知っていましたが、そんなにひどいとは意外でした。簡単ではなかったとしても、乗り越えた最大の不安は、生きていけるため、外向的ではない自分に安心感を与えてくれるため、時折感じる孤独の痛みを和らげてくれるためには、タバコが要らないことです。

「単なる人間であることを自覚して、間違いを犯してもいいと自分に許可を与える。」

実は、2日前に一服してしまいました。1本半吸っていたので、罪悪感を抱いて、自分に厳しくすると予想しました。でも、自分の感情を回復させて分析する時間を一日与えてから、自分はただの人間であることを自覚して、間違いを犯してもいいと自分に許可を与えることが大切だと気づきました。再びレギュラーの喫煙者になることは考えていませんし、この1年と最後の数ヶ月で鍛えた意志の力がのおかげで、これからも禁煙への道しるべとなり続けてくれることを知っています。

「自分の感情との健全な関係を維持すること」

欲求不満に対処するために使用してきた戦略は、欲しいときに食べること、運動すること、水を飲むこと、欲求があるときに大声で言うこと、自分の感情との健全な関係を維持することなどのような組み合わせだと思います。

kwitter achievements

Kwitterとしての経験

どうやってKwitを発見したのか覚えていません。Kwitアプリで一番気に入ったのは自分の進歩についてのすべての詳細とリマインダーです。このアプリのおかげで、生活の中からタバコを抜くことで、自分の体に役立つことに気づくことができました。

可能性のあるKwittersには、できるだけ夢想して、願いを込めて、自分の望む人生を想像し続けるようにすることをアドバイスしたいと思います。ある時点では、それらの願いは、「タバコを持って」と伝えられる声よりも強くなるでしょう。

応援を求めたら、ぜひサポートグループに参加してください!

Related article

Right arrow

Kwitterの声 — Evyの体験談

元Kwittersの声は、現在のユーザーをタバコのない生活への旅立ちにサポートしてくれます。モチベーションを高めるだけでなく、サポート感や理解を与えてくれます。