2019年8月21日

体験談

Kwitterの声 — Renatの体験談

禁煙したいがまだできない喫煙者にとっては、元禁煙者の証言を読むのは重要で す。ロシア出身のRenatというKwitterはその経験について証言してくれます。

man from behind looking at the horizon

今回は、Renatが成功や困難な瞬間について打ち明け、共有してくれます。

「友達と近くなりたかったので、吸い始めました」

定期的に吸い始めたのは、大学を入学した頃です。作った新しい友達はみんな喫煙者でした。その友達と近くなりたかったので、吸い始めました。

初めて吸ってみたのは、13〜14歳でしたが、味が嫌だったので、18歳まで一本でももう吸っていませんでした。健康に悪いとか、ガンや他の深刻な病気のリスクがあるとか、それについてよく注意されました。

タバコをやめようことにしたきっかけは、アレン・カー(Allen Carr)の本を読んだことですが、なぜか二週間後、再発しました。タバコが有害なのはずっと知っていたのに、認められませんでした。やめようと思い続けていたが、やる気がなくなるとすぐに再発してしまいました。29歳で、1日1箱まで吸っていました。

「今回はいつまでもやめたらいいな」

結局すべてが速かったです。タバコは、味も匂いも、嫌になりました。ある日、友達と一緒に散歩していて、タバコが1本しか残っていないと気づきました。だから俺は「これは最後でやめよう」と提案しました。 彼は同意し、俺の進捗状況をトラッキングしてくれるアプリを使った方がいいとアドバイスしてくれました。アップストアでは、Kwitを見つけて、デザインが気に入ったのでダウンロードしました。これは2019年4月21日で、今回はいつまでもやめたらいいなと思いました。

俺の禁煙は別に準備していない、むしろ自然発生的なものでした。多分、タバコをやめるように口実を無意識にずっと探していたかもしれないのです。

最初は少し変でした。もちろん吸いたかったが、その同時に「おい、吸いてないのは2日間でしょう。もう諦めるつもりかい?」と考えて、このように毎週続きました。

「一服してしまっても、失敗したわけではありません」

1ヶ月が経つと、1本、いや、半の1本吸ってしまいました。気になって、少し酔っていたが、すぐに正気を取り戻して後悔しました。俺にとって、一服してしまっても、決定的に失敗したわけではないので、努力を諦めたくなかったのです。だから一服した後も非喫煙者で残る努力を続けました。

最初に、吸っていない期間を確認するためにアプリを開くのが多かったです。これは助けてくれました。そして、アプリを開くことが少なくなってきました。でも、レベルが上がって健康効果があることを確認するのはいつも嬉しいです!

時々、特に昔吸っていた場所に行くと、また吸いたくなってしいますが、その時はどんどん少なくなってきました。

Kwitterとしての経験

Kwitのことは誰も教えてくれなくて、ただ自分で「タバコをやめる」と検索して、一番出てきた結果はKwitです。アイコンを気に入ったのでダウンロードしました。

アプリは完成されていて調和がとれています。日々の進歩を確認できて、刺激になりました。

タバコをやめる人にアドバイスをしようとしたら、タバコをやめるメリットが本当にあると言いたいのです。

dashboard of the Kwit application
portrait of a young woman

関連記事はこちら

Kwitterの声 — Melissaの体験談

禁煙したいがまだできない喫煙者にとっては、元禁煙者の体験談を読むのは重要です。MelissaというKwitterはその体験談について話してくれました。

New feature on iOS

ニュース

日々のモチベーションを上げるKwit新機能のデイリーチェックインについて

詳しくはこちら
Someone who has quit smoking

体験談

Kwitterの声—Damiënの体験談

詳しくはこちら
Salad with avocado and eggs

ヒント

体重が増えずにタバコをやめるために食生活を変える方法

詳しくはこちら
Dark trees in the fog

ヒント

ハローウィンは現実になるとき:悪夢と禁煙

詳しくはこちら