体験談

Kwitterの声—Karmaの体験談

禁煙したいがまだできない喫煙者にとっては、元禁煙者の体験談を読むのは重要です。KarmaというKwitterはその体験談について話してくれます。

young man smiling

2019/06/25

今回の記事では、確定KwitterのKarmaさんが打ち明けてくれることになり、タバコのない生活への旅を語ってくれています。

「喫煙していて、ある日やめようと決めました」

タバコを始めたのは、中3年生だったと思います。いい天気である期間でした。友達と一緒に海に行って、そして一人がタバコを1箱持ってきました。

初めての一本はこの時!15歳半でした。最初は、毎日数本に過ぎなかったが、20本まで巻いてしまうことになりました。

そして、ある日、やめようことにしました。彼女は肺塞栓症の疑いがありましたので、それはヤバイでしょう。禁煙したいと言ってくれたので、最初に連帯責任で僕もついていきました。

「意外にそんなに難しくなかったです」

禁煙のために、全然何も準備しませんでした。最後の1箱を済ませて(高いから済ませないと残念でしょう!)、翌日にやめました。正直に、急にやめるのは、時に食事後の時は難しそうだと思いましたが、結局症状がありませんでした!

この時から、一服してしまったが、特別でした。実は、二人でタバコをやめたのは、繋がりを作って、なんか信頼契約のようです。ただ彼女に一本だけ吸っていいかとお願いして、今回だけ一服しました。

タバコを吸いたくなる時に、戦略を立てないわけではないでしょう。例えば、吸いたくなったら、果物を食べます。このように、リスクなし、ヘルシーです!

今は、もちろん、特にアルコールがあるパーティで、吸いたい時がまだありますが、最初と比べると、大したことではありません。

Kwitterとしての経験について

ある夜、Zack NaniさんのおかげでKwitを発見しました。そのアプリは、禁煙のために本当にサポートしてくれました。

タバコのせいで何を受けていたのかを認識するために健康情報はとてもいいです。それに、上達を見るのはモチベーションも上がっているでしょう!

最初に、寿命が10年伸びたかのように毎日アプリを開きます。そして、時が経つと、時々だけ開くようになり、禁煙を始めた時から長い道のりをよく気づいていると思います。

Kwittersと未来のKwittersへのおすすめ

迷う場合ではありません!自分の健康のためにも、他人の健康のためにも、そして財布の健康のためにも、有益だけなのです!

dashboard of the Kwit application