体験談

Kwitterの声 — Margauxの体験談

禁煙を決意したものの、始めようと思ってもちょっとした手助けが必要な人には、元喫煙者の体験談は優れた参考になります。

woman looking away

2020/05/27

本記事では、Margauxさんは成功と困難な瞬間を打ち明け、共有してくれます。

「6年間無意味に喫煙していました」

喫煙し始めたのは14歳の頃です。今20歳で、つまり6年間無意味に喫煙していました。お姉ちゃんが喫煙するのが見えて、気になったので、吸ってみました。たくさん咳をしたが、タバコの味が嫌ではありませんでした。

もう一度吸ってみようと思って、好きになったので、夜の学校帰りの時など、お姉ちゃんが毎日数本を渡してくれていました。高校入学までやめていたが、「味わって見る」ために友達がメンソールタバコを一本渡してくれて、嫌ではなかったので、再発してしまいました。これから、ほとんど毎日1箱で、たくさん喫煙し始めました。

有酸素運動が重要であるBMXレースをしているので、2ヶ月前から再び運動を始めた。定期的にスポーツをしていても、喫煙のせいで自分の限界を超えることができないと感じていたのです。一周しただけで息切れしてしまい、ちゃんと息を整えるのに10分かかってしまいました。

そのため、ある仕事中の夜、「今夜24時に禁煙しよう」と思いました。その日は夜勤でしたので、23時17分に、最後のタバコに火をつけて、24時以降はタバコのことしか考えていなかったので忙しくしていて、次の日もタバコが吸いたいという気持ちが強かった。

「一生懸命活動に戻れるようになりました」

禁煙を始めた3日間後、以前はスポーツを楽しむことができなかったタバコを、だんだんと吸いたくなくなってきました。

スポーツで気分が良くなって、息のせいでダメだと思わずに活動に戻れるようになりました。Kwitのおかげで、今では元気になりました!本当に感謝しています!

Kwitterとしての経験

Kwitを発見したのは、やめようと決めた夜です。スマホでアプリを探して偶然に見つけました。気になったのでダウンロードして、好きになりました。コンセプトが禁煙のモチベーションを高めてくれました。

ただ一つ言えることは、タバコを吸うのは楽しいものではないことです。まだできるうちにやめておくと、少なく吸っている人でも、多く吸っている人でもなおさら、お財布も体も喜ぼはずです!

禁煙中に自分に誇りを持って、諦めないようにしましょう!

dashboard of the Kwit application

サポートが必要な方は、ぜひサポートグループに参加してください!

Related article

Right arrow

Kwitterの声 — Evyの体験談

元Kwittersの声は、現在のユーザーをタバコのない生活への旅立ちにサポートしてくれます。モチベーションを高めるだけでなく、サポート感や理解を与えてくれます。