2019年7月24日

体験談

Kwitterの声 — Melissaの体験談

禁煙したいがまだできない喫煙者にとっては、元禁煙者の体験談を読むのは重要です。MelissaというKwitterはその体験談について話してくれました。

portrait of a young woman

「彼氏の母がタバコを買ってくれました。とても簡単なものでした。」

初めて吸ったのは、15歳でした。最悪の一日を過ごしましたので、お父さんの箱から一本を盗んでしまいました。16歳になった時、定期的に喫煙していました。当時に付き合っていた彼氏も吸っていたので、その母がタバコを買ってくれました。とても簡単なものでした。

「喫煙するのはどのように体に被害を及ぼすのかやっとわかりました。」

初めてタバコをやめてみたのは、毎日1箱を吸っていた25歳でした。看護入学したばかりで、なぜか喫煙するのはどのように体に被害を及ぼすのかやっとわかりました。ある日、学校のエレベーターが壊れてしまい、階段で4階まで上ることになりました。授業が始まる頃には、息が切れるほどになっていました。

禁煙を始めるために、別に準備しませんでした。明日からもう吸わないと思っただけです。だから夜になった時、残る箱からタバコを全部破って、捨てました。翌日の朝から禁煙することより、日の途中でやめる方が難しそうだと思ったのです。

「吸いたくなったら、水を飲むようになりました」

タバコのない最初の日は、想像通り全ての症状がありました。気分が悪くなったし、腹が早く立っていたし、最初に二週間強く渇望していました。だから家族や同僚に自分の決意を伝えて、我慢してくれないかとお願いしました。ほとんどの場合、彼らは理解して、尊重してくれました。

何回再発したことがあります。再発しないためには、ちゃんと禁煙できるまで他の喫煙者と付き合わない方がいいと思います。私には、3ヶ月は全然足りないと早く気づきました。

タバコ衝動に対処するために、衝動を感じた時に水を飲むようになって、このように手が忙しくなります。今も、例えば朝などにはタバコ衝動がまだありますが、前と全然違います。

タバコを吸わずにアルコールを飲むのも大変になりました。タバコが欲しいわけではなく、むしろ10年間タバコとアルコールの組み合わせにルーチンとして慣れていたからです。

今は、また吸ったら、味が最悪になるとわかっているので、これだけでもう吸いたくなくなりました。

Kwitterとしての経験

タバコをやめるためのアプリを探していて、Kwitを発見しました。

吸っていない日と吸っていないタバコの本数を保存してくれるのは大好きです!科学も気になるので、体がどう反応するか、どう健康を取り戻すかを習うことが本当に助けてくれました。

ここまで吸っていない時間を見ると、タバコを買いに行く前にあと3秒くらい考えています。私にはこの3秒が十分です。

Kwitterと未来のKwitterへのおすすめ

もう迷わないで!悪い習慣を断ち切って健康的なものを始める完璧な時がないので、待つのをやめて、禁煙を始めましょう。

dashboard of the Kwit application
young man in his garden

関連記事はこちら

Kwitterの声—Karmaの体験談

禁煙したいがまだできない喫煙者にとっては、元禁煙者の体験談を読むのは重要です。KarmaというKwitterはその体験談について話してくれます。

New feature on iOS

ニュース

日々のモチベーションを上げるKwit新機能のデイリーチェックインについて

詳しくはこちら
Someone who has quit smoking

体験談

Kwitterの声—Damiënの体験談

詳しくはこちら
Salad with avocado and eggs

ヒント

体重が増えずにタバコをやめるために食生活を変える方法

詳しくはこちら
Dark trees in the fog

ヒント

ハローウィンは現実になるとき:悪夢と禁煙

詳しくはこちら